車と環境
車と環境 ELVとは 関連リンク集

End of Life Vehicle (使用済み自動車)

グラフイメージELV」とは End of Life Vehicle の略で、訳すと「使用済み自動車」、となります。

もともと、「ELV」は中古部品や金属回収の観点から価値が高く、国内の自動車解体業者等によって80%程度(重量ベース)がリサイクルされ、残りは主にシュレッダーダストと呼ばれる破砕残骸として埋立処分されてきました。

費用を支払って使用済自動車を引き取ってもらう逆有償化の現象が生まれ、 負担を嫌った業者等による
不法投棄が多発し、大きな社会問題となりました。

鉄スクラップ価格の変動は大きく、いつ市況が悪化し、同様の問題が発生するか分からないため、市況に左右されない安定したリサイクルシステムの構築が求められています。
また、フロン類の回収・破壊や、エアバッグ類の適正処理という新たな環境問題への対応も必要となっています。
このような時代背景から2005年1月「自動車リサイクル法」がスタートしました。
これは自動車ユーザー、業界と地球環境問題が背中合わせになった法律です。

より効率的で無駄のない「廃車」を考えるユーザーと「ELV」を安全に解体し、
環境に配慮しながら可能な限り再利用を考える解体業者が共に循環型社会への道を歩んでいけたらと考えています。

チャートイメージ

前のページ / 次のページ
先頭に戻る